アロマテラピーと精油について
精油が現代にいたるまで

アロマテラピーという言葉は20世紀に入ってからフランス人の化学者ルネ・モーリス・ガットフォセにより作られましたが、精油が治療、宗教儀式、 美容の為に使われ始めたのは5千年前で、薬草療法では更に古くから使われていたと言われています。
10世紀、ペルシャ人の医師、哲学者、錬金術師であるアヴィセンナは蒸留法による精油製造を成功させ、又800以上の薬用植物の人体への効果をすでにまとめています。
その後、蒸留の知識は西欧にもたらされ、13世紀には、ヴィラノヴァという医師により西洋医術に蒸留法が導入されていきます。

image

16~17世紀にはハーバリストたちにより、さらに精油は研究され、20世紀には各国で特色を持ったアロマテラピーが自然療法として広まりました。
フランス人の生化学者マルグリット・モーリーは精油を使用したマッサージで 外用を強調する事に貢献しました。これは古来の伝統医療に忠実であり、「心・身・霊」を調和させ、全体を正常化させるホリスティックアロマテラピーとしてイギリスで広まり、 現在に至っています。
又、現在フランス、ベルギー、ドイツでは医師の管理下のもとで医学的アロマテラピーが行われています。
日本では1996年に日本アロマ環境協会(AEAJ)が設立され、アロマテラピーの活動が始まりました。

植物にとっての精油

精油はエッセンシャルオイルともいい、植物の生命力であると言えます。
受粉の為の有引力、また外敵からの防衛力としても作用し、 植物の免疫系の一種であり、植物ホルモンや体内の輸送系の機能も果たしています。 精油は植物によって含まれる場所が異なり、花、葉、果実、茎、樹皮、種、樹脂、根 などさまざまな箇所に含まれ、その量も異なります。
また、すべての植物がふんだんに精油を含んでいるとは限りません。
植物にとって貴重な精油を人間に用いる植物療法として、また代替療法として活用していくのがアロマテラピーです。
精油の人体への効能は、その1種の精油に含有される何百もの科学成分の比率によって異なり,それと共に香りも異なるのです。

amelie

この希少価値の精油を、お客様の体調や気分に合わせて3~4種類ブレンドしたオリジナルオイルを調合し、 贅沢なトリートメントするのがAmélieのアロマトリートメントです。 きっとご満足頂けることと思います。

SALON DATE

サロンデータ
詳しくはこちら

facebook