works
amelie_flower
    Amélieで作るアレンジメントは、以下の3種の花材を用いて製作しています。

  • 1. プリザーブドフラワー
      長く保存する為の専用液を用いて加工した生花
  • 2. ドライフラワー
      花や草を乾燥させて作ったもの
  • 3. アーティフィシャルフラワー
      生花には無い美しさも表現できる造花
amelie_flower

アメリアレンジメントの特徴は

  • 寿命が長く、保存状態が良ければ長期間飾ることが可能
  • 着色や乾燥によって現実には無い色合いを表現できる
  • 花粉アレルギーの心配がない
  • 水をあげる必要がない(与えてはならない)

これらの利点から
Amélieのフラワーアレンジはお部屋の
“インテリア家具”のような感覚で飾って頂けるようにご提案しております。

マンション、パーティ会場エントランス、ブティックディスプレイ、 レストラン、
barカウンター、クリニック受付、各種お祝い、お見舞い、仏花など
お客様のご希望のサイズ、カラー、素材の組合せ、ご予算に応じ、世界にひとつしかないフラワーアレンジをお作り致します。

amelie_flower

花材の紹介

環境条件に応じて、その場所に最適な花材の組合せをご提案しております。

脱水・脱色した切り花に、専用の溶液を用いて水分を置換し、さらに染料で着色させた後、乾燥させた花のこと。
これにより美しい姿で長時間保存する(preserve)ことができることができます。

【注意事項】
★ 水気、湿気に弱い
★直射日光など紫外線による褪色
★布地や他の花材に長時間触れたままでいる時の色移り
★エアコンやヒーターの直接の風による乾燥からの花びら割れ

花や草を乾燥させて作る工芸品のこと。
枯れる前に乾燥させる事で、その姿を維持できます。さらに独特の素朴な色合いが出せます。

【注意事項】
★花や葉が壊れやすいので扱いや飾り方を慎重に

生花をリアルに再現して、生花にはない美しさを造り出した造花のこと。
壊れにくく、茎の部分にワイヤーが入っているため、自由に曲げることができます。

amelie_flower

アレンジ方法の紹介

いわゆる花器にアレンジしたもの。"ラウンド"と"ワンサイド"があります。
"ラウンド"とは上部から見たときに 円形に見えるアレンジメントの事で、テーブルセンターに置いてどの方向からでも美しく見える。
"ワンサイド"とは、裏表があり、正面のみに集中させて美しく見せるアレンジメントの事で、 壁の前に飾るスタイル。

幸せの輪とも呼ばれています。
リースはクリスマスに関わらず、一年中飾る方が増えています。 サイズ・リース台の素材も様々あり、飾る場所にあわせてご提案できます。

白樺の小枝を束ねたものにアレンジしたもので、"ラウンド"と"ワンサイドアレンジ"があります。 テーブルや出窓、玄関のシューズboxの上に飾るような横長のアレンジですが、壁にかけても素敵です。

花束風にたばねたワンサイドアレンジです。 壁掛け用のリースの代わりにもなるものですが、かごの中に横置きにしたり、椅子の上に置いてもおしゃれなインテリアになります。

造形豊かな木の形の中にアーティフィシャルやプリザーブドをアレンジした縦長のオブジェのことです。

胸元のブローチとしてのコサージュ、またはヘアアクセサリーもドレス、式服、お着物などの色柄に合わせてお作りするので、トータルでまとまりのある華やかさを演出来ます。

マリアージュブーケは花嫁さんのドレスに合ったものをご提案し、念入りなご相談の上、ご本人のご希望を出来る限り叶えられるようにお作りしています。